グリムの巻く腰まくらの口コミ!300日使ってみての正直な感想

グリムの巻く腰まくらの口コミ

口コミを書いた人:くりぼう
お住まい:神奈川県
性別:女性
年齢:40歳

口コミの商品名:巻く腰まくら
商品の会社名:グリム
使用期間:2017年6月~2018年4月(現在は使用していない)
使用した合計日数:約300日
使うのをやめた理由:かなり楽になったから。
巻く腰まくらの満足度(5段階評価):★★★★★(5)

今回の記事では、グリム 巻く腰まくらを紹介したいと思います。

ひどい腰痛だった私がこの商品を使って、かなり楽になったのと様々な商品を使った中で一番良かったと感じたのでご紹介したいと思います。

腰痛にお悩みの方や、腰枕選びに悩んでいる方は是非参考にしていただければと思います。

辛い腰痛の改善に役立ててください。

腰枕そのものの効果

ぐっすり眠りたいのに、いざ寝ようとすると腰が落ち着かずスムーズに寝付けない時ありますよね。

また、朝起きた時に腰が酷く重苦しくて起きられない…などということもあります。

そんな時に役立つのが「腰枕」ですが、実は様々なタイプの腰枕があります。

そんな中、どんなタイプのを使ったら腰が楽になるのだろうかと悩みますよね。

今回は腰痛持ちの私が色々試した中でオススメの「グリム 巻く腰まくら」を紹介します。

腰枕全般についていえるのは賛否両論で、その理由は正しく使用しなければ逆に腰を痛める点です。

しかし、正しい使い方をすれば格段に腰は楽になって良く眠れます。

正しい使い方は布団で仰向けに寝た状態で腰の隙間が綺麗に埋まっている状態で付けることです。

きつすぎても、ゆるすぎてもダメなのです。

早い話、浮いた腰に負荷がかからぬようサポートする道具ですからフィットさせる必要があります。

因みに「枕」といっても厚みは3~4cmぐらいで体重がかかると薄くなり邪魔にはなりません。

寝相の悪い私でさえも腰への圧迫感が減り、腰が痛くて何度も目覚めることはなくなりました。

睡眠時に腰が痛くなる理由

睡眠時に腰が浮いたままだと、ブリッジ現象といわれる状態になります。

それが続くと寝るときに腰が浮き、腰に大きな負担がかかってきます。

更には無理な体制により筋肉が硬直し血行が悪くなるので尚更腰周りに凝りが生じます。

また、腰が浮いたままだと体圧分散性が非常に悪くなります。

つまり、腰周りの重みが腰に集中してしまうことになります。

このことから、休んでいるはずの睡眠中に何故腰が痛くなるのかが理解できるでしょう。

グリム腰まくらと他の腰枕の比較

グリム 巻く腰まくらのメリットは、まず寝返りや横向き寝にも体に無理なくフィットする点です。

そして伸縮性と柔らかさが非常に良くて、硬い素材の巻く腰枕とは一味違いますし軽いです。

コットン生地なので、素肌に直接巻いても良いぐらいの柔らかさで気持ちが良い肌触りです。

しかも丸洗いできるし蒸れません。

巻くタイプの腰枕の中でも、蒸れて汗疹が出来たり皮膚がかぶれた経験もあります。

しかしグリム 巻く腰まくらは低価格なのに腰に一番フィットしました。

腰枕は値段が高ければ良いというわけではないと身をもって知りました。
腰に巻かない敷くタイプの腰枕を使用したこともあります。

しかし、寝返りをしている内に位置がずれてしまったり、邪魔くさく感じて意識に外してしまいます。

グリム 巻く腰まくらは、眠っている間にずれることもなく、素材が柔らかいので苦にもなりません。

好き嫌いがあると思いますが、個人的にはグリム 巻く腰まくらは腰枕の中で一番良かったです。

腰枕を使う上での注意点

腰枕を正しく使わなければ、腰痛を悪化させてしまうことは既に述べました。

巻き方も勿論のこと、実は選ぶべきではないといえる腰枕もあります。

付け方以前に、腰枕そのものの選び方が最も重要なのです。

まず一つ目として、腰枕自体が腰を持ち上げすぎるために逆に腰に負荷がかかるような商品。

二つ目には腰枕が寝る体制や寝返りを邪魔するような商品が挙げられます。

こうなってしまう原因は、まずは厚みがありすぎたり硬すぎること。

そしてサイズ自体が体に合っていないことが原因ともいえます。

腰を持ち上げすぎると、今度は逆向きに腰が反ってしまい辛くなります。

腰が痛くなる前に、そもそも体制が悪いことが気になり眠りに入れない状態になるでしょう。

硬すぎたりサイズが合っていなければ、違和感がありますよね。

そうすると人間は意識してしまうので、寝返りをせず同じ場所に負荷をかけるようになります。

結果的に体のポジションが悪くなり、本当の意味で良く眠れている状態にはなりません。

一番タチが悪いのは、この負荷を自分で気づいていないケースです。

気づかずに毎日眠っていると、知らず知らずの内に腰痛がかなり悪化してしまうのです。

グリム 巻く腰まくらはオススメ

今回は腰枕について記事をまとめてみました。

少しでもお役に立ちましたでしょうか。

巻くタイプのものや、敷くタイプのもの…それぞれ好みはあるでしょう。

しかし一番楽で違和感のないグリム 巻く腰まくらは是非オススメです。

何か良い商品はないかと探している方や、腰枕選びで失敗してきた方も試す価値はあるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする